SDGsへの取り組み

SUSTAINABLE DEVELPOMENT GOALS
SDGs 17のゴール

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

大塚住宅建材の
取り組み

ゴール3:すべての人に健康と福祉を

バリアフリー商材の適切なご提案と、住居内の温熱環境が適正になるようにエネルギー計算等の根拠をお示しした上で、住まう人が健康に暮らし続けることができるご提案をいたします。

ゴール6:安全な水とトイレを世界中に

築年数の経過したトイレをはじめとする水回り環境の改善をサポートし、良好な衛生環境を構築する提案をいたします。

ゴール7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに

CO2排出をゼロに近づけるカーボンニュートラルの考えに賛同します。ゼロエネルギー住宅(ZEH)を実現するための商材を積極的に提案し、省エネルギー住宅の更なる増加に貢献していきます。

ゴール8:働きがいも経済成長も

ジョブ型雇用や、管理職育成など、社員ひとりひとりの適正を鑑みて、離職率をゼロに近づけ、長期雇用につながるように努めます。

ゴール9:産業と技術革新の基盤をつくろう

オール新潟プロジェクトを通じて、地域産業である伝統工芸品と建築資材の融合など、歴史ある技術を継承し、新しく利活用できるように積極的に商品化を進めています。

ゴール11:住み続けられるまちづくりを

住まいづくりのみならず、地域づくりにも積極的に参画しています。
商店街の再興などのエリアリノベーションなど、各地域の魅力づくりを建築資材販売店の提案力で貢献してまいります。

ゴール12:つくる責任 つかう責任

建築資材や木材の端材は現場で廃棄すれば産業廃棄物となります。
現場のごみゼロを積極的に応援し、適正な積算に努め、無駄のない現場づくりを応援します。

ゴール13:気候変動に具体的な対策を

カーボンニュートラルは喫緊の課題です。産業分野ではなく、住宅分野での省エネルギーを図ることは、地球温暖化対策として極めて重要なポイントであると考えます。
関連商材をしっかりとお客様にご理解いただき、良質な住宅を提供するお手伝いをさせていただきます。

ゴール15:陸の豊かさも守ろう

積極的な国産木材の活用を図ります。特に新潟県産木材の積極的な販売推進を行うことで、地域の山や水を守り、持続可能な森林管理につながるように、関連する他企業と共同で対処してまいります。

お問い合わせ

各種資材、住設機器の販売、
イノスグループへの加入検討など、
お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

025-271-2175

(平日08:15〜17:00)

採用情報
イノスグループ LASIE Home Design