失われつつある伝統工芸品。

そのストーリーは悠久のころより大事に、大事に紡いできた価値あるもの。

コロナ禍で大きく変わらざるを得なかった2020年。

いま、日本全国の伝統工芸品は、その危機にさらされています。

私たちは、地元の愛すべき伝統工芸品を守るべく、行動をおこしました。

少しでも商品のすばらしさを知ってもらうために。

少しでも産地の力になれるように。

絶えるまえに。絶やさぬように。

令和のいま、価値を正しく紡いでいきます。